お金が貯まる人は、お金を使わない人?

よく年齢ごとに貯蓄額とかのデータが出ているが、収入が多い世帯ほど貯蓄があるわけではなく、収入が少ない世帯でも貯蓄額が多い世帯もあると聞いた。

単純に考えると、収入ー出費=貯蓄だから、収入が多くても全部使ってしまっている人より、
収入が少なくても貯金をしている人なら、後者の方が貯金額は多くなる。

そう考えると、お金が貯まるようにするには、財布に入れて、なるべく使わないようにすることって思ってしまう。

お金持ちは、どんなことにお金を使うのだろうか。投資と消費って言葉を聞いたことがあるけど、
お金持ちはお金が増えるような投資に使い、お金を持っていない方は消費していると聞いたことがある。

やっぱり、お金の使い道が重要な気がした。財布選びよりも、お金の使い方に時間とお金を使ったほうが貯まるような気がします。

いきなり、あれこれ変えるのは、心がついていかないので、少しずつできるところから学ぶことが重要かもしれない。

毎年のように、年金は将来、どんどん減るんじゃないかってニュースが流れるし、将来、安心して暮らせるだけの貯金は必要だから。

それにしても、こうなることは、ずっと前からわかっていたような気がします。でも、選挙で投票しそうな高齢者の支持を得られなければ勝てないので、だから、年金問題を放置し、若い人ほど、払った金額の方が多くなるような仕組みになってしまったと思います。

日本の借金はどんどん増えているみたいだから、自分の身は自分で守るくらいの気持ちでいないと。

そう考えると、準備期間があって嬉しいかも。本当は、お金の心配なんてしない未来がくるのがいいんだけど。